• Phone03-3545-0702
  • Addressエクリュ銀座スタジオでは、カラーコーディネートとカラーセラピー(オーラソーマ)の融合を目指します。
  • Phone03-3545-0702
  • Addressエクリュ銀座スタジオでは、カラーコーディネートとカラーセラピー(オーラソーマ)の融合を目指します。

没個性という個性、平凡という非凡

カラーコーディネーターって、

あまり個性が強烈すぎると難しいのかもしれないと

あらためて思ったこの頃。

相手に合わせて、自分の好みは横に一旦おいて

どんな色も提案できることが必要だからです。

最近、前から興味のあった写真を撮ることを

ステップアップさせたいなと

ソニーのレッスンに出てみたりして楽しんでいるのですが、

「感性でいいんですよ〜」「レンズの力」なんてよく言われても

全然思ったようにできない!

やはり基礎の知識を使いこなし

その上での「感性」であり、

「カメラの性能&レンズの力」だよな

とつくづく思う。

30年以上前になりますでしょうか〜

色の学校に通っていて

課題を提出して褒められたのは

色の幅があることだった。

時には「ビビッド」でコントラスト強く

時には「中間色」でグレイッシュなパステルなど

土地や目的により、それに合わせて自分の思う一番を

提案したら、

「こういう色も出せるのね〜」と校長に感心してもらったのが

思い出される。

その時は、それが普通と思っていたが

どうもそれは私の個性らしい。

写真と同様

色彩も、感性と言われるけど

カラーの知識ってものがあった方が良いに決まってる。

私は最近

著書「色彩検定テキスト&問題集」(成美堂出版)3級・2級

(*旧本と混ざって販売されているのでご注意ください:今年は旧本でも試験対応できますが)

の改定執筆がやっと終わり

今や、燃え尽き症候群気味で

本業の方は、ほぼご紹介者のみに絞られています。

このご時世でもあるので、

なんとなく次なるステップは違った形というのは

漠然とイメージしています。

新しい知識を入れることも、好きなので

月末からは、

山本まりこ先生「エアリーフォト」のカメラ講座に通うことを決心しました。

すご〜く楽しみ

表現したいものを、自分なりに表せるようになったら楽しいだろうな〜

私の場合は、

個性は強くないし、平凡な人間と思っているので、

アーティストタイプではない。

でも、綺麗なものが大好きだから

美しいものを常に見ていたいし、囲まれていたい。

写真に関しては、

今までのようにただバシャバシャととっているだけでなく、

せっかくの機能を生かして見たい。

そのためにも

まずはカメラの基礎知識はどうしても必要になってきた。

プロになる気は全くないので、老後の脳トレとして

楽しみ、楽しみ

最終的には、自分のために

「私らしい」を表現できるようになったらいいな。

今はまだまだ迷い中なので、いっぱい試しながら

模索していきたいな。